マンション管理会社の役割

マンション管理会社がいれば快適なマンションライフに

マンション管理会社が行うサポートの重要性

管理組合の総会等の運営をしっかりとサポート

マンションは多くの区分所有者が専用部分を所有していますが、敷地と共用部分については、住民同士が共有して所有しているので、管理組合が維持管理をしていくことになります。共用部分等に不具合が生じてしまい、修繕が必要となってしまった時などには、管理組合で話し合いを行って修繕工事の実施を決めることになりますが、マンション管理会社がいれば、適切なサポートを受けながら管理組合を運営していくことが出来るでしょう。管理組合の総会やマンション理事会などは、素人である住民同士が参加した話し合いを実施することになるので、マンション管理会社がしっかりとサポートを実施しないと話がまとまらなくなってしまいます。議事進行のサポートや議事録の作成補助なども業務として実施しているので、管理組合の内容はしっかりとしたものとなります。

マンションの日常的な管理を任せることが出来る

マンションの日常的な管理運営もマンション管理会社の重要な役割の一つとなっています。清掃を委託している会社がしっかりと業務を実施しているかを管理したり、防犯カメラの状況等を確認したりすることもマンション管理会社が業務として実施していることがあります。また、マンション住民から集めた管理費や修繕積立金の出納管理なども管理組合と一緒に行っているので、マンション住民は安心してお金を任せることが出来ます。管理費や修繕積立金に滞納が発生してしまった時なども、管理組合の理事長等の一緒に督促を行ったりすることも行っています。

長期修繕計画の見直しのサポートを実施

マンション管理会社の重要な役割の一つとしては、管理組合が作成している長期修繕計画の内容の作成や定期的な見直しの時に必要に応じてアドバイス等をしています。業者に対して見積もりを依頼したり、信頼できる良い業者選びをするときなどにもマンション管理会社がしっかりとサポートを実施してくれるでしょう。素人だけではわからない長期修繕計画も、マンション管理に慣れている管理会社の意見があれば、より実効性が高いものを作成することが出来る様になります。マンションの長期修繕計画では、マンション外壁や防水、給排水設備の更新等を決めることになりますが、適切な時期に実施することが建物をしっかりと維持管理していく上ではとても重要となります。早すぎる時期に実施してしまうとその分ランニングコストが高くなってしまい、住民の費用負担が大きくなってしまうので、実施すべき時期についても経験豊富なマンション管理会社の意見はとても参考になります。

人気記事ランキング